人気ブログランキング |

タイに行く(4日目)戦艦メークロン号

海軍博物館からパクナム船着き場まで歩いて向かう。
a0007462_09435443.jpg
上の写真は海軍博物館から外を撮ったものだが、
この中央に映っている電波塔のような所を目指して歩く。
徒歩約25分。

パクナム船着き場からチャオプラヤー川を渡船してもらい、対岸を目指す
そこからメークロン号を展示している所まで・・・。

暑いからバイクタクシーを使おうかと思ったが、意外にバイクタク屋がいないってのも・・・
んで、「おっ、バイタク見つけた!」と思って「パクナム船着き場まで~」って説明したら
「ワシは目が悪いんじゃ」と身振り手振りで「バイクを出せない」とジジイに言われ断られる。
オレンジベスト着るんじゃねぇよ・・・
しかも「タクシー使えや!」ってジジイにアドバイスもらう。
あのな、そんなの分かっとるわ!
金をばら撒くのは簡単なんじゃ!!
タクシーを使うにはまだ早いので歩く・・・。

暑い~・・・
フラフラしたわ・・・。
30度越えの中を歩くもんじゃねぇな・・・

やっとのことで、
a0007462_09491155.jpg
パクナム船着き場着。周りは市場になっており、魚やら豚肉やら販売してそれなりの活気がある。
豚の頭とかも販売していた。
豚の頭は300バーツか400バーツくらい。
耳は食えるのは分かる。
鼻とか目とかも美味いもんなのかなぁ・・・
a0007462_09503352.jpg
目の前はチャオプラヤー川。
3バーツくらいの有料トイレへ。
なんともまぁ昔ながらのトイレで・・・。
a0007462_09512235.jpg
5~6バーツくらいだったか、渡船料を払ってから待合所で舟が来るまで待機。
a0007462_09521257.jpg
乗り込み完了。
a0007462_09524498.jpg
ワタクシの目的は戦艦だが、他の観光客は何目的で乗ってるんだろうか・・・

10~15分くらいで対岸に到着。
こちら側の船着き場にも市場があるのだが、さきほどとは異なり一気に寂れた感じ。

しかし、腹減った・・・
なんか弁当らしきものを売ってるので
適当に指さして20バーツ支払う。(中身は分からない状態。「これくれ」と知ったげに指さして購入)
a0007462_09582006.jpg
おっ、卵つきの焼きめし?
何コレ?むちゃくちゃ美味いじゃねぇか!!
いやぁ~、「汚らしい市場やなぁ~」と侮ったら今回の旅で一番安いメシが一番美味いとかホントにね・・・。
市場を出た所にあるセブンイレブンで水を買い、弁当がらを捨てる。

メークロン号までの距離を見てみると・・・
a0007462_10051312.jpg
徒歩で1時間44分・・・
もうこれは無理~

ってことで近くにいたバイクタクシーのオッサンに話しかけると
「60バーツでいくぞ」っていう。
「うぉっ、安い!OKOKっ~!!」と快諾。
いかに昨日のパタヤのバイタクオッサンにボラれたか・・・

このバイクタクシー、昨日乗ったヤツよりも加速が良い。
メーターみたらリミッターカットしてるな。速度計が動いてねぇ。
体感80km越えですっ飛ばしてくれてあっという間にメークロン号記念館着。

あぁ~ついに来たで~!!
a0007462_10105728.jpg
女、酒を目的にタイに来たと思われがちだが、
この戦艦が見たくてタイに来たワケよ。
「女と酒はついで」ね、ついで。

*これからメークロン号記念館に行こうと思う方に。
他のブログなどでも書かれているが、
ここはド田舎になるので、帰りの足は必ず確保しておこう。

バイクタクシーのオッサンに「10分から15分ここで待って欲しい」と告げると
「分かった。140バーツな」という。
「OKOK!ちょっと待ってて。ダッシュで写真撮って来るわ~」と告げて
憧れのメークロン号へ。
a0007462_10153122.jpg
ええっと、このメークロン号ってのは
日本軍が1937年に竣工した駆逐艦、海防艦で・・・。
現存してるってのがウリ。
「あぁ~鋼鉄ロマン・・・海洋ロマンよ~」となんか分からんけどビショ濡れになってるワタクシ。
まぁとにかく無料で触り放題ってことよー。
バイクのオッサン待たせてるのもあるので
ダッシュで艦に乗り込む。
a0007462_10233061.jpg
あぁ~単身砲ちゃん。顔に見えて来たわ。
a0007462_10243218.jpg
あぁ~
a0007462_10334878.jpg
魚雷や爆雷は海軍博物館のとこでUPしたのでこれは「きらーい」。

a0007462_10254560.jpg
対空機銃。
これ座って「3時上空に敵機発見~!迎撃用意~・・・」っていう「敵機迎撃ごっこ」ができるんだぜ?
中年のワタクシが一人、タイの青空の元でハンドルレバーをキコキコと回す・・・
回る機銃・・・
ニヤケるわ~嬉しいねぇ~。
しっかし、剥きだしって・・・ここで対空砲の番してたらたまらんなぁ~。
急降下爆撃とかだったら必死で機銃キコキコ回しても間に合わんよなぁ~・・・
a0007462_10401927.jpg
戦艦ですし、客船ではないので通路は狭い。階段も急。足を滑らせないように、
頭を打たないようにしながら移動
a0007462_10414058.jpg
艦首のガルーダ。
a0007462_10425538.jpg
いや~楽しいわ~。
a0007462_10440006.jpg
写真は一杯撮ったし、大満足。

時間がある方は園内をゆっくり回ってください。

バイクタクシーのオッサンの元に戻り、「帰ろうでー」と告げる。
オッサンが気を利かせて船着き場の横にある寺院(プラサムットチェディ)に案内してくれたが、
「ごめんね、船着き場直行でええよ~」と船着き場まで送ってもらう。
結果、チップ込みで200バーツ渡してお別れ。
いや、サクっと移動できて良かったわー。

さぁ、帰ろう。
バンコクのホテル帰ってシャワー浴びて酒飲んで寝よう・・・。

舟に乗り込み、パクナム船着き場に到着。
この市場でバイクタクシー使ってサムロング駅まで送ってもらえばいいのに、
テンションが高かったからか、暑いの分かってて歩いて戻ろうとする・・・。
20分歩いたろうか・・・。
やっぱり暑い。

ふと後ろを振り返って見るとちょっと遠くに小汚い恰好のオッサンが向かって歩いてくる。
さっきバス停あたりですれ違ったオッサンか・・・。
ここは車はバンバン通るが人通りはほぼない。
「暑いから基本的にタイ人はたいして歩かない」んだわ。

もう何分か前進してみる。
後ろを振り返ってみるとさっきのオッサンとの距離が縮まっている。
こんな暑い中を歩いてくるタイ人・・・
バスに乗るなら通り過ぎたさっきのバス停で待つハズじゃし、
なんかイヤな予感がするな・・・
こちらとの距離が少しずつ狭まってくる。
こっちもスタミナがないから走ったり早歩きできんしなぁ・・・

ちょうど人がいないバス停を発見。
休憩するフリをして、ここで止まってオッサンを先に行かせてみる。
何か知らんがこのオッサンもちょっと止まって
こちらの様子を伺うがこちらが身構えていたので
諦めたのか側の道路を曲がって消えていく・・・

「もしかしたら、コイツは荷物を盗ろうと考えていたのかもなぁ・・・」

もう30分歩けばサムロング駅に到着はするが、
身の危険というかイヤな予感がしたのでタクシー停めて乗り込むことに。
a0007462_10581106.jpg
手をあげて停車したのはピンク色のタクシーだ。
スマホの地図見せて「150バーツでサムロング駅まで頼むわ~」
と告げて乗せてもらう。
この価格が適正かどうかは知らない。
すんなりと乗せてくれた所を見ると払いすぎかもしれない。
背中のリュックには旅行資金や土産が入っているのだ。
こんな所で盗られるワケには・・・。
(パスポートとタイバーツの入った財布は前かけにしてるウエストポーチにはいってる)
考えすぎかも知れないが、嫌な予感がしている時はさっさとその場を離れるべき。

しっかし、タクシー涼しい~!
徒歩で1時間かかる距離を500円なり600円で済ませれるならタクシーでええわな~。
もっと早くからタクシー使えば良かったと後悔する・・・。
いや、暑い中を歩いたからタイの思い出が増えたような気もするし・・・。

サムロング駅に到着。
昨日、友人とラインでやりとりしていた中で「酒買ってこい!」と言われたのを思い出した。
a0007462_13294084.jpg
(上記写真は一日前に撮影したもの)
駅から近いし、昨日利用していたビックCに買いに行こうかな・・・って思ったら
「酒が買えない時間」だったので、「バンコク行けばあるじゃろ~」とバンコクの宿に向けて出発。
a0007462_13313315.jpg
目的地は戦勝記念塔駅。
写真では電車で戦勝記念塔駅まで44分となっているが、30分程度で到着したと思う。
駅からホテルまで徒歩で13分程度。
a0007462_13353743.jpg
JCか。まぁ都合よくカワイイ子が前から歩いてくるなんてことはない。
でちゅ~の画像が欲しいと友達に頼まれるが、そんな都合よく撮れるもんじゃねぇ・・・
a0007462_13373100.jpg
ホテル着。
バンコクは物価高で昨日までの宿のようなプレミアム感を3000円未満では体感しづらい・・・。
a0007462_13381575.jpg
まぁしかし最低限の設備で汚い部屋じゃないからOKよ。
セブンイレブンも徒歩2分くらいの距離だ。
我が家、福富よりも圧倒的便利なエリアだわ。
a0007462_13394513.jpg
ただ、このトイレとシャワーがなぁ。
シャワー使うと便器がびちょびちょに。設計からミスってて無理やり付けたって感じが・・・。
まぁ、こういう一枚の写真で「あそこがイヤだったわ~」と言えるのも思い出よねぇ~。

文句を多く書いてるが、ここのホテルは
一泊2600円くらい。
戦勝記念塔駅まで近いから明日の飛行場までのバス乗るにも簡単だし、悪くはないですよ。
シャワーを浴びてから
a0007462_13431862.jpg
歩いてキングパワーバンコクへ。
ここがホテルから近いってのも今回のホテル選びで考えた点。

夕方にキングパワー来たワケだが、
外では「日本の祭り」的イベントを開催しており、大阪王将やらたこ焼きやらうどんやらジャパニーズフードを展開していた。
「さすがに明日帰るからここで日本食は食わんで~」。

店内に入ると人でごった返していた。
キングパワーなので入店カードを作ってもらわないと店内の買い物はできない。
一応、係の人に「昨日、パタヤで作ったカードがあるんだけど買い物できる?」と翻訳ソフト見せて
会話するも「もう一回、受付でならんでくれ」っー返答。

受付ならぶこと数分。
昨日のパタヤ店よりも受付の人が仕事できる感じで、
入店カードも「昨日作ったパタヤ入店カード」見せてからちょっと追加で書いたら即発行の流れに。
あと、「JCBカード持ってますか?あれば割引が受けれます!」と英語で説明してくれる。
(ここらのヒアリングは「JCBある?」くらいしか聞き取れてないw)
おかしいよなぁ、昨日のパタヤ店ではそんなの一言もなかったぞ。
これはたぶん「日本人客がどれだけ来店するか?」ってことでバンコクでは日本人客は大事にされてるんだろうな・・・。
で、カード出したおかげでパタヤよりも割引券の種類が多い。
使うかは別として店舗で接客差がありすぎな気がするよ・・・。

さて、時計売り場へ。狙いはセイコーのタイ限定モノのサムライジンベイ。
残念ながら在庫はないとのこと。
まぁないなら良い。
昨日のパタヤで売ってた買おうと思った30%オフのモデルはバンコクでは販売されておらず・・・
「まぁ記念にね~」と5万円程度の時計を一本買って帰ろうかと。
翻訳ソフトを出しながらしゃべってると日本語ができるっー係のおねえさんが来て
彼女の微妙に合ってるような合ってないような日本語トークを交えて時計を選別。
店員さんもヒマなんだろうか、3、4人でワタクシが時計を買うのを見守ってくれる。
地味にここのオネーサンらとの会話が楽しかった。
これ飲み屋ならお金払ってるわ。

で、時計の候補は2つに。
どっちか買うのに迷っていたので「どっちがいい?」とか適当にタイレディーとおしゃべりするワタクシ。
タイレディーはちょっと安い方を指す。
お姉さん方も変な日本人が来て岡山弁といい加減な英語、ときおり翻訳でタイ語を繰り出す感じとか
楽しんでもらえたハズ・・・。
「こっちか・・・なんかちょっとチャチぃんよなぁ・・・」と悩むワタクシ。
決め手は「どちらにしましょうかてんのかみさまのいうとおり、柿の種・・・12345678910」(これの正式名称ってあるのかい?)
で、自らが勝手にカウントダウンして決まった方はタイレディーが勧めたヤツ。
「ん~、なんかイヤ!」って思ったので逆のヤツに決定。
神様のいうことを聞かないのに聞いちゃう。
そして「決定と逆を選ぶ」バチ当たり感。
タイレディーにお勧め聞いてもそれ買わないとかね・・・。
どうしてこうもひねくれるのか・・・。
まぁともかく記念に一本購入。
ジンベイサムライは入手できなかったが良しとしよう。

さて、買い物したら腹が減ったので晩飯だ。
3階にレストラン街がある。ここもカードにチャージして店舗に差し出す形で利用する。
a0007462_13573458.jpg
米粉ヌードル。あっさりして美味しい。
サクっと完食。
これはもう一杯食えるな。
麺が少ねぇ。もっとイカれたぐらいに入れろよ!
と感想。
ここは食器は置いたままで良いらしい。
ついつい店舗に返さなきゃ!って持っていったら
「置いとけよ~」的なトークされちゃう。

キングパワーに入ってる飲食テナントは人気店が出店しているようなので、もうちょっと食い漁りたい。
a0007462_13585781.jpg
まだ酒を買ってはいけない時間だったハズだが、キングパワー内ではOKのようで・・・
アサヒスップァードライを注文。
黒いコースターのようなのが注文ができたときに鳴り響くポケベルみたいなヤツ。
a0007462_14003580.jpg
良く見ると缶の周りに小さくドライと書いてある。
一瞬「当たりか!」と良く分からんが興奮しちゃった。
この興奮を返せ。
(なんで書いてあるかは知らん。きっと酒だよって意味なんじゃろうて)
これで当たりだったらやっぱり悔しい。
a0007462_14020648.jpg
何か良く分からんおこわみたいなの。ハムで味が出るのか、美味しい。
a0007462_14024388.jpg
にくまん
a0007462_14031009.jpg
卵の黄身が入ってる美味しい~。
って、「中華系やらベトナム系食ってんじゃねぇよ!」
と言われそうだが、あんまりにも辛すぎるようなジャンルに飛び込むとケツ痛くて歩けねぇからなぁ・・・
イサーン料理とかパタヤで挑戦しときゃ良かったんじゃろうなぁ・・・と
肉まんをほおばりながら振り返る・・・。
キングパワーバンコクのレストランはたぶん全て安パイであろう。(いや、辛いのもあるとは思うが)
a0007462_14143160.jpg
キングパワーエントランスあたりの一枚。
a0007462_14153992.jpg
ここで時計かった分の税金を払い戻ししてくれる書類手続きをしておく。

さぁ、買い物済ませたし宿に一旦帰ろう~
a0007462_14163385.jpg
コンビニで酒と水買っておく。
よく考えたらここの宿は水4本おいてあり無料だったんから水はいらんかった・・・。
まぁいいか。
a0007462_14173324.jpg
さらに土産物が増えだしたので宿近くの雑貨屋で乞食バッグを買っておく。
「キャリーバッグ買え?」あんなの日本帰った時に邪魔じゃねぇか!
乞食バックは折りたたみできて「いざ!」っていう野宿の時にも本職になじめる特典があるからな、必須やぞ。
ここの店主が三丁目の夕日のジジイにクリソツでなぁ・・・
a0007462_20202525.jpg
このバッグが160バーツ。
高いんじゃねぇか?
しっかし、良く見たらキレイだし、乞食バッグも良く売れてるんだろうなぁ・・・
ともかくデカイ,ストレージは確保。
帰り便は土産が増えても良いように預け荷物20kgまでは大丈夫なようにしている。
これで金がある限り、土産物が入るワケだ。
a0007462_14185497.jpg
酒を飲みつつ、買っていたスナック菓子を食う。
コイツは鉄火巻きスナック。
なんか湿気てる感じでやる気ない食べ物だ。
a0007462_14201670.jpg
えんどうスナック。
ん~、なんだろう、ちょっとだけ食感が違うんだわ。
a0007462_14140077.jpg
タイガービール。ライトってことはライトじゃないヤツがあるのかも知れない。
これ飲みやすい。
ビールのみ飲み、このまま寝ようかな~と思ったが、
「そういや、姉に頼まれてたバック屋がバンコクあったなぁ・・・」と調べると徒歩25分くらいのトコに店舗がある・・・。
酔ったけどヒマだから歩いていこう~。
「タイ旅行の最後の夜をもうちょい楽しまないと~」と歩いて移動開始。
a0007462_14233535.jpg
着いたぜ!バンコク伊勢丹!!
バンコクは圧倒的都会。
バンコクと比べると岡山なんかザコやな・・・。
ここの都会度は難波や池袋と同等と言っても良いかも・・・。
(かなり狭いエリア限定だが・・・)
っーか、ワタクシ風呂上りのワタシシはステテコでこの街を歩いてるのに気づく。
まぁ誰も中年の服装なんぞ気にしないだろう・・・。
a0007462_14251545.jpg
目的のナラヤ着。
何か知らんが安くて有名なバック屋らしい。
この直前まで姉と連絡がとれており、「店舗はいったらまた連絡するわ~」って言っておいた。
しかし、店舗到着後にこちらから何度連絡しても返事がない・・・
a0007462_14265787.jpg
かわいらしいバックと女子で溢れかえる店舗にステテコ履いて酔って赤ら顔のオッサンが長居できるハズもなく・・・
「一応、連絡を待とう」と伊勢丹をウロウロする。
そういやぁ、セイコー置いてないかな?と時計売り場をウロウロするとセイコー売り場を発見。
良く見るとドーンとサムライジンベイが売っている・・・
「うっ!ここは割引ないし、店員もオッサンだからウキウキしないからな・・・」と言いわけを・・・。
やっぱりサムライジンベイ欲しかったなぁ・・・ちょっと悔しいワタクシ。
これが神様の逆を選んだ男への罰か・・・。

30分くらいして姉から連絡が。「寝てた」とのこと。
たまらんなぁ・・・。
んでやりとりすると「あの色のバックが~」とうるさい。寝とけよ。
女に旅行に行くっていうのは言わない方が良いな。
a0007462_14521668.jpg
外に出ると屋台が。
てか、22時くらいだけどみんなバイタリティーあるんじゃわ・・・。
岡山じゃ、22時以降に電気点いてるの本町飲み屋通りの100mくらいだけじゃからなぁ・・・
a0007462_14542887.jpg
しっかし、夜になってもドリアンやらヤシの実ジュースとか飲むかね?
ってそんなこと言いだすのがジジイってことか・・・。
a0007462_14335824.jpg
帰り道をとぼとぼ歩く。
前を歩く兄さんのビニールリュックがカッコイイ。

足が疲れたのでマッサージ屋に入ろうかと考えたがあちこちにマッサージ屋がありすぎ。
「べるこさん、今日は良く歩きましたね。頑張りましたね!」
と若い娘に褒められながら足裏を竹ベラで強烈に刺激して欲しいんだが、
なんかどのマッサージ屋みても決定打がないというか・・・。
a0007462_14414817.jpg
途中、ピンク色のネオン見てカラダがこっちの方向に勝手に向かっていった・・・。
しかし、軒先立つのはババア。
ここはバンコクのエロいゾーンではないからなぁ・・・。
「最後の夜だしなぁ~体のどこかを揉んでもらうか・・・」と考えながら歩いているウチに雨も降り出し、宿近くのコンビニまで帰ってきてしまった。
a0007462_14371537.jpg
「もう、酒買いこんで寝よう~」と何本かビール追加。
a0007462_14380846.jpg
「最後に少しは辛いモノ食べようかな・・・」
とセブンイレブンで買ったレッドカレー。
きっと辛いハズだ
a0007462_14391530.jpg
で、ホテルで食べてみるとココナッツミルクが効いてて甘辛い。
いや、普通に美味しいですよ。
日本で売っても問題ないかと。体壊すほど辛くないのが残念・・・。
こんなの食べてタイ最後の夜は更ける・・・



by amotthutatabi | 2018-10-03 22:30 |