人気ブログランキング |

和食 柳川 はむら

日曜の昼食で頂くランチの金額で払えそうな金額は
1500円程度じゃないかとワタクシは考える。
よってそれ以上の金額で営業するお店というのは
「高級店」と言っても良いだろうと・・・

岡山市野田屋町1-11-20グレースタワーII-2Fにある
(細かいジャンルはダイニングなのか割烹なのか日本料理なのか知らないが)
和食を出してくる「柳川はむら」にタニマチさんが連れて行ってくれるということで入店。
「良い店」だと昔の勤め先で聞いていたので
いつかは行ってみたいお店でありワクワク感はありました。

到着し、2Fに上がります。
入り口から高級店の雰囲気がありまなぁ。
呼び鈴を鳴らして店員さん登場。
「お座敷がよろしいですか?今、ご案内出来るお座敷席は
お隣のお子様(赤ちゃん?)が泣いてうるさいのでカウンターでもよろしければ・・・」と
言われる店員さん・・・一瞬、親切な気がしますよね。

「子供が泣いてうるさいから静かな場所でご飯を食べさせてくれる」と・・・。

しかしですなぁ、サービス経験が多少なりとも
ある方なら今いるお客様の子供が泣いてるから「うるさい」と言ってしまうのはいかがなものか。
ワタクシのここでの記載も一語一句間違えずに覚えてはいないので
揚げ足とりも完璧ではないのですが・・・。

お座敷を案内出来ない理由、本当のことを言ってしまうのは親切ではあるけど
「やかましい」と店員さんが感じているから
「うるさい」って言ってしまうんだよねぇ・・・
もちろん、ワタクシがエスコート担当でも
失態はした可能性がありますが
「うるさい」とは言わなかった・・・かなぁー・・・。
入店時から超一級の接客さばきではなかったのが残念。

さて、ワタクシは「はむら膳」という3000円程度のランチを注文。
和食 柳川 はむら_a0007462_20343820.jpg


どの料理も色鮮やかでかわいい器に入っているのですが
「決定的な美味さがない」料理が続きます・・・

このはむらさん、例えるなら
ドリームシアターというバカテクのバンドがありまして
超人すぎるテクニックとメロディ、センスなどで人気がありますが
それのフォロワーのバンドのような位置づけ。
ようは高い技術、見せ方はあっても肝心の味がいまひとつ・・・
この日、ワタクシの目の前に登場した料理は
テクニカルですが感動しませんでした。

さらにがっかりした点がもうひとつ。
友人がトイレに旅立った時に
彼の頼んだ料理のメインが運ばれてくるではありませんか。
主、不在の所にメインのお肉料理がおかれ
その料理の解説は当然、ワタクシが聞くというか
店員さんの独り言のように「なんたら肉のなんたらです」と
ワタクシが食べる料理じゃないのにつぶやかれてから消えてゆかれました・・・

「和食ならメイン時に注文した客が席をはずしていても配膳していいのか?」

これはワタクシ、かなりひっかりますなぁ・・・
ワタクシは某ファミレスの接客トレーニングで
「お客様が不在ならお帰りになられてから料理を提供する」と
習いましたが、500円程度の商品を提供する
ファミレスの方が接客意識が高い・・・のか?・・・

たかだか一人3000円程度の料理ですから
一級ホテル並みの気遣い、接客レベルが提供できないのも分かるのですが
「もう少しだけ配膳を遅らせれなかったのか?」と・・・。
それともマナー違反なのは客の方なのか・・・

はむらさん、店内の綺麗さだけ誉めておきます。
あとは1から見直す必要があるだろうねぇ。
by amotthutatabi | 2010-08-09 20:48 | 酒・その他グルメ